アフリカ ウガンダ・コンゴ

ウガンダの旅 -知らない村に向かうバスに乗ってしまった-

東アフリカの旅の始まり

ウガンダ カンパラ

 

ウガンダの基本情報

正式国名 ウガンダ共和国

首都 カンパラ

言語 英語、スワヒリ語、ウガンダ語など

通貨 ウガンダ・シリング

プラグ BFタイプもしくはCタイプ

ビザ  必要。エンテベ国際空港で1ヶ月滞在のビザ入手可能。

※黄熱病の汚染地域に滞在したり、その地域を通ったりする場合に、黄熱病予防接種証明書の提示が求められることがあります。いわゆるイエローカードというものです。私はイエローカードを持参しました。

 

羽田から関西空港に行き、そこからまずはドバイに飛びました。

ウガンダ カンパラ

ドバイはアフリカの旅への経由地になることが多いです。

ウガンダのエンテベに14時30分に到着しました。

エンテベ空港は首都カンパラの一番近くにある国際空港です。

エンテベ空港はビクトリア湖に隣接しています。

 

エンテベ空港で国連の飛行機を見かけました。

ウガンダ カンパラ

 

首都カンパラへ

ウガンダ カンパラ

エンテベ空港からまずは首都カンパラに移動しました。

カンパラのタクシーパークに行き、カセセ行きの乗り合いタクシーに乗りたかったのです。

タクシーといってもワゴンの乗り合いタクシーです。

また、タクシーパークというと響きが良いですが、単に乗り合いタクシーが集まっている場所を指します。

上の画像のようにタクシーパークは舗装されていないので綺麗ではありません。

ところで、アフリカで乗り合いタクシーの乗り場に行くといつも苦労します。

なぜでしょうか。

 

何百台のワゴンが停まっている

ウガンダ カンパラ

タクシーパークにはあまりにもたくさんのワゴンが停まっているので、自分がどのワゴンに乗ればよいのか迷うからです。

こういうときはしばらく歩き回ってみましょう。

必ずワゴンの運転手が「どこに行きたいのか?」と聞いてきます。

行き先を伝えれば、どのワゴンに乗ればよいのか教えてくれます。

 

乗りたいワゴンがすいていても喜べない

ウガンダ カンパラ

ワゴンに乗り込むとまだ誰も乗客がいないことがあります。

「やった! 自分1人しかいない♪ ゆったりとくつろぎながら移動できる♪」……と喜んでいてはいけません。

実は、乗り合いタクシーは座席がすべて埋まらないと出発しないのです。

しかも、通常の定員数が集まったとしても出発はしてくれません。

運転手と車掌は客をいっぱい乗せて利益を得ようとします。

乗り込んだ時にはゆったりとしていたのに、出発する際にはぎゅうぎゅう詰めになっています。

体は壁に押し付けられて片足は下に着かずに浮いているという経験をしたこともあります。

車いっぱいになるまで乗客が集まるのを待つので出発までに1時間ほど待つこともあります。

……ということで空いているワゴンに乗り込もうとせず、ある程度人数が集まっているワゴンに乗り込みましょう。

待ち時間が減りますよ。

 

バスステーションへ

ウガンダ カンパラ

私の旅の話に戻しますね。

乗り合いタクシーでカセセに移動しようと思っていたのですが、翌日までカセセへ行くタクシーがないと知りました。

そこで、大型バスが出発するバスステーションへ向かいました。

ステーションに着いてバスをしっかり見てみるとオンボロのバスばかり停車しています。

きちんと走るのか心配になりました。

 

カセセに行く理由

ウガンダ カンパラ

なぜカセセに行きたいのかというと、それはカセセがコンゴ民主共和国との国境近くにあるからです。

私はコンゴ民主共和国に行きたいと思っていました。

しかし、大型バスでもその日にカセセへ行くバスはありませんでした。

旅行の計画を考えると少しでもコンゴ民主共和国国境に近付きたいと思いました。

大型バスの車掌が声をかけてきたので話してみると、「コンゴ国境のBweraに行ける」と言われました。

『Bweraならカセセよりも国境に近い! 良かった』と思い、日本円で1800円程度払って乗りました。

 

アフリカで飲み物を買う時にはよく見ましょう

空はすでに暗くなっていて出発前の車内は薄暗くあまりよく見えません。

そこに、飲み物やお菓子を販売する売り子の男が車内に入って来ました。

アフリカでは売り子が車内に入り込んで来て長距離移動をする乗客に飲食物を販売することがよくあります。

食べ物は少しあったので飲み物を買うことにしました。

私はペットボトルの水を買いました。

飲み物が手に入って安心しました。

でも、ペットボトルの底をよく見ると何かが浮いています。

最初私は水を味付けする何かが浮いているのかなと思いました。

しかし、実はこの浮いているものはだったのです。

私が買ったのは泥水でした……。

 

キャップに注目しましょう

アフリカでペットボトルを買う時にはキャップをよく見て未開封がどうかを確認しましょう。

未開封のペットボトルはキャップ下のリングとキャップがつながっています。

この未開封な状態であれば安全です。

開封済みでキャップが簡単に開いてしまうような商品は買ってはいけません。

売り子が使用済みのペットボトルに別の飲み物を補充して売っているからです。

特に私が買ってしまったような「水」詰め替えが容易なので偽物がよく売られています。

現地の不衛生な水をそのまま飲むと体調を悪くすることがあるので気をつけましょう。


サイドバー広告 ペットのイラスト

 

目的地が違う!

ウガンダ カンパラ

バスが走り始め、近くの乗客と話し始めました。

その乗客から「コンゴ国境のBweraにもカセセにも行かないよ。運転手がいい加減なことを言ったんだよ」と言われました。

私は焦りました。

その乗客に行き先を聞いてもよく聞き取れません。

聞き慣れない地名だからからもしれません。

私はこのバスがどこに行くのか分からないまま、バスに乗り続けました。

降りようかとも考えたのですが、すでにカンパラを出発して何十分も経っていました。

途中で降りても人気のない夜道で降りることになるため、降りることはできません。

泥水を手に入れ、バスもどこに向かって走っているのか分からない……。

アフリカ初日にして不安だらけの中、私の乗ったバスは真っ暗な夜道を走り続けました。

バスは時々停車し、乗客が降りていきます。

しかし、どう見ても周囲にホテルがないため、やはり降りることはできませんでした。

 

次のページ 「ウガンダの旅 -コンゴの国境へー」へ

-アフリカ, ウガンダ・コンゴ
-

© 2022 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド