旅行を充実させるために

海外で高いタクシー料金を支払わないためのコツ

日本と海外のタクシー料金の仕組みの違いを知っていますか?

モンテネグロ タクシー

日本のタクシー料金はタクシーの窓に初乗り料金が書いてあり、一定の距離を走るたびにメーターが上がっていく料金体系です。

しかし、このような料金体系を採用している国は意外と限られています。

では、他の国々ではどのようにしてタクシー料金が決まるのでしょうか?

答えはタクシーに乗る前の料金交渉です。

 

事前に料金交渉をしないと後で法外な金額を請求されることがありますので、気をつけましょう。

私は基本的にタクシーで移動することがありませんが、タクシーに乗らざるを得ないことがあります。

その際におこなう料金決定までの駆け引きをここでお教えします。

トゥクトゥクやオート・リクシャーなどの料金交渉も同様です。

アンコールワットのトゥクトゥクの運転手

アンコールワットのトゥクトゥクの運転手さん

 

①相場を知る

まずはガイドブックなどでその国のタクシー料金の相場やチップの有無を把握してください。

ガイドブックによっては移動料金の具体的な目安が記載されているので参考にしましょう。

(例)○○駅から△△寺院までのタクシー料金は10ドルから12ドルくらいかかります。

 

②客引きをするタクシーには基本的に乗らない

客引きをするタクシー運転手は商売っ気が出ていて、旅行客のあなたからたくさんのお金をもらおうとしています。

威圧的な運転手もいます。

あとでトラブルに巻き込まれそうな予感がしたら絶対に乗ってはいけません。

事前に料金交渉をしても、降車時に支払う際に別料金を請求されることがあります。


サイドバー広告 キャラクターのデザイン

 

③客引きをしていないタクシーの運転手に料金を聞く

客引きをしていないタクシーの運転手はけっこう大人しいです。

大人しそうな運転手を見つけたら、そのタクシーに近づきましょう。

タクシーに乗り込まずに運転手に行き先を伝えて料金を聞きます。

この際にとりあえず「車に乗って」と言う運転手は安全な人ではありません。

中国 北京 輪タク

盧溝橋で乗った輪タク

 

④料金が思っていたよりも高ければ、あっさりとあきらめる

料金を聞いた後、値切ろうとしないのがポイントです。

たとえば、ガイドブックに記載されていた相場の3倍だったとします。

そこであなたが『相場の3倍じゃないか。もっと安くしてほしい』と言ったら料金は下がるでしょうか。

運転手は「去年まではそうだった。でも、最近この国の物価は急激に上がったんだ。だから、タクシーの料金も3倍になった」などと言って値引きに応じないはずです。

世界のいたるところでタクシー運転手がこのようなことを言うのを聞きました。

日本語で書かれたガイドブックをのぞきこんできて、本に記載された料金を見て「それは何年も前の料金だ」とあきれ顔をする運転手もいます。

こんなふうにあきれるのも典型的なパターンです。

このような運転手を相手にここから値切るのは大変ですね。

私のやり方はそもそも最初から値切る必要がありません。

料金を聞いたらその場をあっさりと去りましょう。

 

⑤そのタクシーから離れて、他のタクシーを探す

さっきのタクシーには目もくれずに他のタクシーを探しましょう。

 

⑥さっきのタクシー運転手があなたに近づいてくる

さきほどのタクシー運転手が近づいてくるはずです。

あなたに「○○までいくらで行きたいのか?」と聞いてきます。

 

⑦自分の払える金額を伝えよう

ガイドブックを見ればタクシー料金の目安が書いてあることが多いです。

その料金を伝えましょう。

目安がわからないときは自分の払える金額を伝えましょう。

 

⑧払いたくないような高い料金であれば、やはり交渉しない

タクシーの運転手は「そんなに安い料金では行けないよ」とあきれることが多いです。

『それなら結構』とばかりにすぐに他のタクシーを探し始めましょう。

料金が高いからといって、あなたが怒ってはいけません。

澄ました顔してその場から離れましょう。

バングラデシュ ダッカのサイクル・リクシャー

ダッカのサイクル・リクシャー

 

⑨少し経つとさっきのタクシー運転手が近寄ってくる

さっきの運転手は欲を出そうか、本来の料金で乗せようか悩みます。

こちらに近づいてくるまで5分くらい掛かることもあります。

それから「わかった! 君の言う金額でいいよ。乗りなさい」と言ってくれます。

 

さあ、やり方は分かりましたか?

このやり方で私はいつも現地の料金相場で乗ることができました。

高いタクシー代を請求するタクシー運転手と直接交渉するのではなく、安く乗れる別のタクシーを探すのがポイントですね。

値段交渉をせずにあっさりと別のタクシーを探すあなたを見て、そのタクシー運転手は、「他のタクシーに客を奪われるよりは、通常料金でお客(あなた)を乗せたほうがいい」という考えにたどり着くのです。

早く料金交渉を済ませたい時は、複数のタクシー運転手に同じような働きかけをしましょう。

その中の1人の運転手があなたの望む料金で乗せてくれますよ。

 

⑩値段交渉は事前にしますが、支払いは降りる時にする

理想を言えば、支払いはおつりが発生しないようにぴったりのお金があるといいですね。

まれに何かしら理由をつけておつりの分ももらおうとする運転手がいます。

理由は色々あります。

・「荷物が多いから」

・「深夜料金だから」

・「渋滞していたから」

・「目的地の○○はその後お客がつかまらないから、○○に行くお客からは特別な料金をもらっているんだ」

・「移動途中で窓から見える風景を説明してあげただろう。だから、チップを払ってもらう」

 

⑪おつりが発生する場合には支払う直前にもう一度料金を告げる

たとえば、事前交渉で料金は25ドルに決まりました。

しかし、あなたにはぴったりのお金がなくて30ドルを渡さなければならない。

その場合、目的地に着いて支払う際に『料金は25ドルです。私が30ドルを渡しますので5ドルのおつりをください』と伝えましょう。

これでうまくいきます。

もし相手が事前に決めた料金よりも高い金額を請求してきたら、こちらも30ドルを渡すのをやめます。

あきらめた運転手が5ドルを用意するので30ドルと5ドルを交換しましょう。

サイドバー広告 キャラクターのデザイン

 

これで無事にタクシーでの移動は終了です♪

「ここまで警戒しなくても良いのでは?」と感じる人もいるかもしれません。

しかし、たくさんの国を旅しているとここまで警戒しないといけないこともありました。

タクシーで法外な金額を支払わされると、とても不愉快な思い出ができてしまいます。

タクシー運転手の言い値の通りに支払っても構わない人はもちろんそのようにすればよろしいかと思います。

ちなみに③のように客引きをしていない大人しい運転手に話し掛けると、最初から現地の相場で乗車できることが多いです。

ここでご紹介した料金交渉のコツは世界中のどこに行っても使えるものですので、ぜひ参考にしてみてください。

※ここに掲載した画像の運転手さんたちはみなさんとても親切でした。

 

おすすめ
ウガンダ カンパラ
「長距離バスの旅 -海外のバスに乗る際の心構え-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

おすすめ
ヨルダン ペトラ遺跡
「ヨルダンの旅 -ペトラ遺跡を訪れたい!-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

 

 

 

-旅行を充実させるために
-

© 2022 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド