エルサルバトル 北中米

エルサルバドルの旅 -サン・サルバドルは歩かない!-

サン・サルバドル

エルサルバドル サン・サルバドル カテドラル・メトロポリターナ

エルサルバドルの首都サン・サルバドルは標高660mにある町です。

サン・サルバドルの「サン」は、アメリカのサンフランシスコの頭にある「サン」と同じく「聖なる」という意味です。

「サルバドル」は、イタリア語の「サルバトーレ」と同様に「救世主」という意味です。

つまり、「聖なる救世主」という意味です。

すてきな名前の町ですが、町の治安は良くありません。

治安の悪い場所が町のいたる所にあります。

エルサルバドル サン・サルバドル

 

観光するのなら、タクシーで移動する

サン・サルバドルはどこも同じような道で特徴や目印が少ないので道に迷わないように気をつけましょう。

徒歩で移動する場合、道に迷ったらすぐにタクシーに乗るのが安全です。

夕方になると町中を多くの人が往来するようになります。

夜間は雑踏の中でスリや強盗に狙われやすく危ないのでなるべく夜間の外出は控えましょう。

サン・サルバドルは見どころはないに等しいです。

もしどこかを見るとしたらカテドラル・メトロポリターナがおすすめです。

エルサルバドル サン・サルバドル

 

エルサルバドルの基本情報

正式国名 エルサルバドル共和国

首都 サン・サルバドル

言語 スペイン語

通貨 USドル

プラグ 日本と同じAタイプ

ビザ  グアテマラ、ニカラグア、ホンジュラス、エルサルバトルの合計滞在日数が90日以内ならビザは不要

時差15時間

※イエローカードが必要です。

サイドバー広告 キャラクターのデザイン

 

サン・サルバドルの見どころ

カテドラル・メトロポリターナ

エルサルバドル サン・サルバドル カテドラル・メトロポリターナサン・サルバドルは大地震の被害を繰り返し受けた町です。

このカテドラルも大地震の後に修復されています。

旧市街の中心・バリオス広場に建っています。

この広場の周囲には商店が多く人がよく集まってきます。

 

私の体験

私はTICAバス乗り場隣にあるホテルSan Carlosに宿泊しました。

ホテルの部屋は粗末ですが、ホットシャワー付きということで泊まることにしました。

さて、部屋に入ってみるとシャワーが見当たりません。

「どこだ、どこだ?」と部屋中を探していると・・・・・・見つけました。

エルサルバドル サン・サルバドル ホテル

・・・・・・シャワーがトイレの前って、どういうことでしょう。

シャワーを浴びた後、トイレはもうびしょ濡れでした。

エジプトのカイロで泊まったホテル以来の衝撃です。

San Carlosホテルより東に進むと治安の大変悪い地域です。

絶対に行ってはいけません。


サイドバー広告 キャラクターのデザイン

 

エルサルバドルの料理

タマル

エルサルバドル料理 タマル

表面はバナナの葉っぱです。

トウモロコシの粉を練って中に肉や野菜を入れてバナナの葉っぱで蒸しています。

トウモロコシの粉はモチモチしています。

 

左上は大きなトマトの中に色々な野菜が入った料理です。

右上は、バナナを使った一品です。

中南米ではバナナはおかずとして食べられています。

この食堂は食べたい物を伝えると、お店の人がよそってくれるタイプの食堂でした。

エルサルバドル料理 タマル

 

NEXT PAGE
グアテマラ・シティ
「グアテマラの旅 -マヤ文明最大の神殿都市・ティカル遺跡-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

おすすめ
イラン エマーム広場
「イランの旅 -エスファハーンは世界の半分!?-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

 

 

 

-エルサルバトル, 北中米
-

© 2022 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド