レバノン 中東

レバノンの旅 -シュトゥーラとアンジャル-

3Bだけではないレバノンの魅力

レバノン アンジャル遺跡

レバノンの基本情報

正式国名 レバノン共和国

首都 ベイルート

言語 アラビア語

通貨 レバノン・ポンド

プラグ Cタイプ

ビザ 必要。空港であれば無料で取得できる。

 

レバノンはイスラエルとの関係が悪く、さらに隣国シリアの情勢が悪いので決して安全とは言えません。

なお、イスラエルの入国印がパスポートに押されている場合はイスラエルと対立関係にあるレバノンには入国できません

旅行ルートを組み立てる時に気をつけましょう。

私はどちらの国も訪れたかったので、レバノンに行った後にイスラエルに入国しました。

 

シュトゥーラ

シュトゥーラは観光の分岐点

シュトゥーラは観光地ではありませんが、レバノンの観光地ベイルート、バールベック、アンジャルを結ぶ三叉路がある町です。

そのためレバノン国内を旅すると必然的に通ることになり、町の名を自然と覚えてしまいます。

 

レバノン入国後、まずはシュトゥーラで一泊しました。

アンジャルに行きたかったのですが、シュトゥーラに着いた時間がすでに夜10時だったため、ここでホテルを探すことにしたのです。

町の中心から15分ほど歩いたところにホテルを見つけたので、そこで泊まりました。

レバノン シュトゥーラ

荷物を置いて、身軽になった私は食事に出かけました。

シュトゥーラにはマクドナルドスタバもあり、近隣諸国のヨルダンやシリアに比べて西洋化が進んでいます。

後で訪れるベイルートも同様です。

 

派手すぎる結婚式!

レバノン シュトゥーラ

夜一人でシュトゥーラを散策していると、どこからかとても賑やかな音楽や歓声が聞こえてくるのでそちらに向かいました。

行き着いた先は高級ホテルの広い庭です。

そこでとても盛大な結婚式で開かれていました。

スピーカーからは大音量の音楽とMCの声が聞こえてきます。

楽隊が演奏すれば民族衣装を着た人達が踊ります。

新郎新婦だって踊ります。

会場内にいた人達が外からのぞいていた私に気づいて中に招いてくれました。

その時点で午後11時を回っていましたが、花火も打ち上がるなどお祝いムードは最高潮です。

レバノンはムスリムやキリスト教徒が多くいますが、結婚式は宗教色が強いというよりは民俗色の強い、とびきり明るく楽しいものでした。

翌朝ホテルをチェックアウトして、シュトゥーラの町中でタクシーを見つけて7000LPでアンジャル遺跡に向かいました。

サイドバー広告 イラストの購入

 

アンジャル

レバノン アンジャル遺跡

アンジャルはベカー高原にある小さな町です。

ここには世界遺産に登録されていアンジャル遺跡があります。

8世紀にウマイヤ王朝のワリード1世の命によって建てられた夏の宮殿です。

アンジャル遺跡はレバノンに残る唯一の城壁都市です。

宮殿跡には2段のアーチがあり、見応えは十分にあります!

アンジャル遺跡はバールベックに比べると知名度が低く訪れる人はあまりいないそうです。

私がアンジャル遺跡を訪れた時は1時間以上滞在して誰も見ませんでした。

 

アンジャル遺跡

2段のアーチが残る宮殿

レバノン アンジャル遺跡

 

四面門

レバノン アンジャル遺跡

どこの遺跡に行っても四面門を見ると私はなぜかテンションが上がります。

 

浴場

レバノン アンジャル遺跡

浴場の細部を見るとモザイクがあります。

1300年ほど野ざらしになっていたのによく残っていたものです。

挙式披露宴撮影

 

中東でビール

レバノン アンジャル

遺跡の見学が終わった後、真夏の空の下アンジャルを歩いていました。

すると、周囲に何もないところに「ビール」と書いてあるお店がぽつんとありました♪

中東に来てから一度もお酒を飲めていません。

否応なしに健康的な生活を送っています。

しかし、今「ビール」と書いてあるのです!

いやいや、中東の場合はビールと言ってもノンアルコールビールのことでがっかりしたことが何度もあります。

私は半信半疑でお店に入ってみました。

すると、なんとアルコール入りのビールを発見しました!

のどを潤し、明るい気持ちになって私はシュトゥーラに戻りました。

それからバールベックへと向かいました。

 

NEXT PAGE
レバノン バールベック遺跡
「レバノンの旅 -3大観光地バールベック・ベイルート・ビブロス-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

おすすめ
ヨルダン ペトラ遺跡
「ヨルダンの旅 -ペトラ遺跡を訪れたい!-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

 

 

 

-レバノン, 中東
-

© 2022 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド