アジア 韓国

韓国の旅 -パラダイス・シティの楽しみ方-

 

パラダイス・シティ

パラダイスシティ

パラダイス・シティは仁川国際空港のすぐ近くにあります。

韓国最大級のカジノがあることで知られていて日本でもCMが流れることがあります。

24時間営業です。

でも、魅力はカジノだけではありません。

パラダイス・シティには5つ星ホテル、クラブ、スパなど様々な施設があります。

カジノに興味がなくても無料で見られるアート作品を見るだけでも訪れる価値はあります。

 

パラダイス・シティへの行き方

①仁川国際空港から無料シャトルバスで行く

・仁川国際空港第1ターミナル「3Cゲート」から毎時00・20・40分出発(5:40〜23:40)
・仁川国際空港第1ターミナル「14Cゲート」から毎時05・25・45分出発(5:45〜23:45)
・仁川国際空港第2ターミナル「2Aゲート」から毎時05・25・45分出発(5:25〜23:25)

パラダイスシティー行きのバス時刻表

無料シャトルバスの側面にはBLACKPINKの塗装が施されています。

「太陽を抱く月」、「星から来たあなた」に出演したキム・スヒョンも広告に起用されています。

パラダイスシティー行きのシャトルバス

10分ほどでパラダイス・シティの地下1階に到着します。

帰りも同じ場所からシャトルバスに乗れます。

仁川国際空港駅からリニアモノレールで行く

仁川国際空港駅のリニアモノレール

「パラダイスシティ駅」に直結していますが、駅から少し歩きます。

仁川国際空港では「磁浮鉄道」もしくは「Maglev Line」の案内で目指すと良いです。

ただ、案内が分かりづらく迷いやすいです。

空港地下にある鉄道はソウル駅行きなので違います。

仁川国際空港 案内板

仁川国際空港からパラダイス・シティ駅方面への時刻表です。

仁川国際空港からパラダイス・シティ駅方面への時刻表

最後の出発は20時15分です。

日本から夜遅くに仁川国際空港に着いた方はリニアモノレールには乗れません。

上記で紹介した無料シャトルバスがおすすめです。

 

パラダイス・シティ内にあるアート作品

草間彌生『南瓜』

パラダイスシティー 草間彌生

『南瓜』はパラダイス・シティホテルのフロント奥にあります。

パラダイス・カジノのエントランス前でもあります。

 

ダミアン・ハースト 『Golden Legend(ゴールデンレジェンド)』

ダミアン・ハースト 『Golden Legend(ゴールデンレジェンド)』

ダミアン・ハーストはイギリスのアーティストです。

パラダイス・シティホテルのフロント近くにあります。


サイドバー広告 ロゴのデザイン

ロバート・インディアナ 『LOVE』

パラダイスシティー

ロバート・インディアナはアメリカの現代美術家です。

ポップアートの作家の1人であり彫刻作品などで名高い人です。

数あるLOVEシリーズの1つです。

東京の新宿にもあります。

パラダイス・ホテルのフロントから奥に進み、左に曲がってまっすぐ進むとあります。

 

アベンジャーズのオブジェ

パラダイスシティー

等身大のアベンジャーズのフィギュアがあります。

午前0時頃でもライトアップされています。

先ほどの『LOVE』のオブジェよりも奥に進みましょう。

建物から外に出ると目の前の大きな広場にあります。

 

パラダイス・カジノ

パラダイスカジノ 入口

パラダイス・カジノの利用方法

エントランスでパスポートを提示して会員カードを作ります。

お財布以外の荷物をすべて預けます。

セキュリティ対策としてカジノ内では撮影禁止です。

使用するお金はウォンのみです。

カジノディーラーと対面しながら遊ぶ方法コンピューター相手に遊ぶ方法の2種類があります。

カジノディーラーと対面する場合はコンピューターに比べて掛け金が高いです。

コンピューター相手の場合は一番安くて10ウォンです。

 

カジノに負けたら食事で取り返す!

パラダイス・カジノではカジノを1回でもすればカジノ奥にある「Cafe9」で無料で3回食事ができます

1番高いメニューが10,000ウォンです。

3回行けば30,000ウォンは取り返した感じになります。

韓国料理、中華料理、和食があります。

韓国料理の「カルビタン」、「牛肉麺」はおいしかったです。

和食の「うなぎ丼」はうなぎの弾力性に違和感を覚えました。

少なくとも日本人には合わないかと思います。

この無料で食べる特典を得るためにゲームをする時に会員カードを提示しましょう

コンピューター相手のゲームでも会員カードの挿入口がありますのでお忘れなく。

「Cafe9」の食事だけでなく、カジノ内にあるペットボトル入りのミネラルウォーターやセルフサービスのソフトドリンクやコーヒーは飲み放題です。

 

別のページ 「韓国の旅 -MBC龍仁大長今パーク(前半)-」へ

-アジア, 韓国
-

© 2022 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド