パラオ

パラオの旅 -空港からコロール島まで歩く-

 

ビッグドロップオフ

 

パラオ国際空港からコロール島まで徒歩で行ってみた!

飛行機でパラオに到着する場合、ほとんどが夜中に着きます。

私はアシアナ航空を利用したので早朝4時でした。

理由は後で書きますが空港に1人残された私。

4時の時点で外は真っ暗だったので東の空が白む朝5時まで待ちました。

パラオ国際空港

そしてパラオ国際空港を徒歩で出発。

空港のターミナルを出てまず右に向かいます

200mほど歩くと空港敷地内から出ます

そこから左に歩いて行きます。

歩道はありませんので車が来た際には道路の際まで避けましょう。

道中いろいろな植物や花や鳥、生き物が見られて楽しいですよ。

これはレッドジンジャーの花です。

パラオのレッドジンジャー

次は、南国らしさNo.1のハイビスカスです。

パラオのハイビスカス

次は、バナナの実と花です。

私たちが普段食べているバナナって迫力のある植物に実るんですね。

パラオのバナナ

次は名前が分からないのですが、花の内側で水を貯めるようになっています。

パラオの植物

 

セキショクヤケイという鶏の一種。

放し飼いにしています。

近づくと中トトロと小トトロみたいに逃げていきます。

パラオのセキショクヤケイ

ミドリツヤトカゲです。

私はトカゲが好きではありませんが、このつやのある緑色のトカゲにはあまり抵抗がありませんでした。

パラオのミドリツヤトカゲ

パラオではジャングルのトレッキングツアーなどがあります。

私は普通の道を歩いているだけでも十分に楽しめました。

1kmほど歩いて突き当たりを右に曲がり、道なりにずっと歩きます。

道路は砂利道などではなく舗装されているので歩くこと自体は問題ありません。

途中小さなお店があります。

右側にあるセーブ・モア・ストアは朝6時から営業しています。

セーブ・モア・ストアはおいしいスパムむすびが買えるお店です。

3kmほど歩くと左に曲がれるT字路に行き着きます。

角にはガソリンスタンドがあります。

ここで左折します。

500mほど道なりに進むとニューKBブリッジが見えてきます。

この橋を渡れば、コロール島です。


サイドバー広告 ペットのイラスト

ニューKBブリッジは片側だけ歩道があります。

とても長い道のりでしたが、ニューKBブリッジからの景色は絶景でした。

ニューKBブリッジ上からの景色

パラオの海はいつでもどこでも美しいですが、太陽の位置関係などからいっそう綺麗に見える時間帯があります。

暑い中たくさん歩いた分だけ報われた気がします。

ちなみにニューKBブリッジでは海上からとても高い位置を歩くことになるのでけっこう怖いです。

高所恐怖症の人にはおすすめできません。

413mのニューKBブリッジを渡り切るとすぐ右手に綺麗な海が見えます。

数種類の魚が泳いでいます。

魚をモリで捕まえようとしている人もいました。

ニューKBブリッジ

そこから更に歩いて行くと1台の車が目の前に停まって私を乗せてくれました。

「どこに行くのか」と聞かれたので私はダウンタウンの中心にあるWCTCショッピングセンターまで行くつもりと答えました。

運転手の男性は「私もそこまで行くんだ」と言って、WCTCショッピングセンターで降ろしてくれました。

降りてから、その車の側面を見ると「WCTC shopping center」と書いてあります。

なんと偶然にもそのショッピングセンターの従業員さんでした!

当初は空港からコロール島のダウンタウンまで歩くつもりでしたが、幸運なことに途中からは車で移動できました。

さて、パラオ国際空港からコロール島のダウンタウンまで徒歩で行くことについておすすめできるかどうかと言えば、私はおすすめはしません

 

その理由は以下の通りです。

①コロール島では勾配の激しい登り坂と下り坂の連続

私は車に乗せてもらっていましたのでその部分は歩きませんでした。

空港のあるバベルダオブ島内を1時間以上歩いている上に、コロール島を歩くのは大変です。

 

②とても暑い

パラオ国際空港内に自動販売機がなく、また夜中なので空港内のお店は閉まっていて飲み物は買えません。

飲み物なしで歩くことは大変です。

パラオは太陽が昇ってくると気温がぐんぐん上昇します。

 

③野犬が多い

これが最大の理由です。

パラオには放し飼いの犬もいますが、野犬も多いです。

特にバベルダオブ島には多いです。

人間のことをまったく気にせず居眠りしている犬もいますが、中には闘志むき出しで駆けて来る犬もいます。

噛まれると狂犬病になる恐れがあります。

狂犬病は致死率100%と言われる恐ろしい病気です。

死に至るリスクは避けるのが賢明です。

私の旅の中で野犬は天敵の1つになっています。

バベルダオブ島の南部

 

パラオでは計画性が求められる

パラオではあらかじめ計画を立ててツアーやホテルの予約をしておかないと思わぬ苦労をすることになります。

もしみなさんが事前にホテルの宿泊や現地ツアーの参加を申し込んでいなかったら、空港に到着した際に町まで行く手段がありません

パラオに着いたツーリストは日本を出発する前に予約しておいたホテルやツアー会社の迎えの車に乗ることになります。

他の国とは勝手が違います。

空港で待機するタクシーはありません。

空港から町まで向かうバスもありません。

それを知らなかった私は1人で空港に取り残されることになりました。

空港のスタッフや入国審査官も全員いなくなり、途方に暮れました。

パラオ国際空港

計画的な行動は他の場面でも求められます。

ロックアイランドなどへのツアーも前日の午前中までに予約しましょう

朝起きてその日の気分でツアーに参加するかどうか決めよう・・・・・・と思っていると希望のツアーに参加できないかもしれません。

オフシーズンの場合、前日午前中までに申し込みがなければツアーが催行されないことがあるからです。

南国はのんびりしていそうだから自分も気楽にのんびり行動しようと思っていると、パラオでは希望通りの体験ができなくなることがあります。

十分に気をつけましょう。

いじめ・不登校対応 広告

パラオ国際空港に1人残されたときの対策方法

空港ターミナルを出て左に向かうとすぐ警察署があります。

そこでタクシーを呼んでほしいと伝えると対応してくれます。

 

空港に迎えに来たツアー会社の人に頼んで車に乗せてもらいます。

そのツアーに参加させてもらえそうであれば参加しても良いかもしれません。

そのほうがパラオ観光を効率良くおこなえると思います。

 

おすすめ
パラオ
「パラオの旅 -パラオに行く前に知っておきたいこと-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

おすすめ
リップタイドスペシャル ウォッカとラムのカクテル
「パラオの旅 -南国パラオを満喫したい!-」 読めばすぐに行きたくなる旅行ガイド

続きを見る

 

 

 

-パラオ
-

© 2022 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド