ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ 南米

アルゼンチンとブラジルの旅 -イグアスの滝に行こう!-

イグアスの滝(アルゼンチン側)

再びアルゼンチンへ

モンテビデオを午前8時20分に出発し、ブエノスアイレス経由で午後4時20分にイグアスの滝の玄関口であるアルゼンチンのプエルト・デ・イグアスに来ました。

イグアスの滝は世界三大瀑布の1つです。

イグアスの滝はアルゼンチンとブラジルの2カ国にまたがっています。

滝の目の前まで近づいて一番迫力のある様子が見られるのはアルゼンチン側です。

上の画像はアルゼンチン側です。

滝全体が見られるのはブラジル側です。

 

イグアスの滝(アルゼンチン側)

イグアスの滝(アルゼンチン側)

アルゼンチン側は国立公園入口から滝までの距離が遠いです。

歩くと30分程度かかります。

無料の列車が園内を走っているので乗ると便利です。

 

悪魔ののど笛

イグアスの滝(アルゼンチン側)

イグアスの滝の中でももっとも迫力のある「悪魔ののど笛」と呼ばれる場所の目の前まで来ました。

地球がまるで割れているようです。

地鳴りがするほどの轟音、目の前で流れ落ちる大量の水!!!

ご覧の通り、いたるところから水が流れ落ちています。

こんなに一度に水が流れ落ちたら水がなくなってしまいそうな気もしますが、水は延々と流れています。

「悪魔ののど笛」を見るまでは旅の楽しみは人が作った建造物や遺跡を見ることでしたが、これを機に大自然も自分の目で見てみたいと思うようになりました。


原稿の添削・修正

 

イグアスの滝(ブラジル側)

イグアスの滝(ブラジル側)

今度はイグアスの滝をブラジル側から見てみます。

バスで国境を越えてブラジルの町フォズ・ド・イグアスに来ました。

イグアスの滝はたくさんの滝から成っています。

アルゼンチン側は滝の一部分しか見えませんが、ブラジル側はその全景を見られるのが良いところです。

また、アルゼンチン側は滝を横から見ますがブラジル側は下から見ます。

アルゼンチン側とは全く違う良さがあります。

時間のある方はぜひ両方で大自然の醍醐味を堪能してください♪

 

滝の近くには色鮮やかな鳥が生息しているようです。

イグアスの滝(ブラジル側)

 

次の旅 「パラグアイの旅 -ハラハラドキドキの国境越え-」へ

-ブラジル・アルゼンチン・ウルグアイ, 南米
-

© 2021 読めばすぐに行きたくなる海外旅行ガイド